• この商品を購入すると 14500 ポイント付与されます。
    • ログインをして頂いている状態で買い物をして頂くとポイントが付与されます。

十三代 中里太郎衛門 唐津三島掻落砂魚級偏壺

十三代 中里太郎衛門 唐津三島掻落砂魚級偏壺

十三代 中里太郎衛門の作
現代唐津の先駆者となった十二代の長男です。
古唐津に見られる「叩き」の技法による文様をさらに独創的な表現として完成させました。この作品は「三島」の装飾技法を加えたものです。新しい唐津焼を発表し続けました。

略歴
1943年 東京高等工芸学校(現千葉大学工学部)工芸図案科卒業
1951年 日展初入選。
1965年 現代工芸美術家協会ベルリン芸術祭視察団として欧州、中近東視察。
1969年 十三代中里太郎右衛門襲名。
1992年 佐賀県重要無形文化財認定。
1995年 唐津市政功労賞受賞。
2002年 長男・忠寛に名跡を譲り、得度して逢庵と号する。
2007年 12月、藝術院会員となる。
2008年 旭日中綬章を受ける。
2009年 3月12日慢性骨髄性白血病のため逝去。
十三代 中里太郎衛門 唐津三島掻落砂魚級偏壺

在庫状況: 1個

1,595,000円 1,450,000円(税別)

この商品の最初のレビューを書く

Facebookでシェアするツイートする